Group Blast

「グループブラスト」(Group Blast)の新曲のリストです。レッスンの使用曲や原曲の動画(Youtube)をまとめました。グループブラストは、いわゆる「ステップ」の運動です。音楽にあわせて、ステップ台の上に昇ったり、降りたりして、体を鍛えます。ルネサンスやメガロスなどのスポーツジムの人気プログラムの一つです。Blastは「爆風」という意味です。「素晴らしいもの」のことを指す俗語でもあります。(MOVE GGC)

グループブラスト(Group Blast)って何?

ステップ

グループ・ブラスト(Group Blast)とは、いわゆる「ステップ」のプログラムの一つです。 ステップ台を使ったエクササイズになります。 一人用のステップ台を使用し、音楽にあわせて体を動かします。 スポーツジムのスタジオなどで、グループになって行います。

シンプルな動き
ウォークオン、ストラドル

ステップ台の昇降運動がメインの動きなので、シンプルな動きが多いです。 基本ステップには「ウォークオン」「ウォークオフ」「ストラドル」「オルトニー」「オルトカール」などがあります。

<グループブラストの基本ステップの種類>
名前 内容
ウォークオン ステップ台に昇る
ウォークオフ ステップ台から降りる
ストラドル 普通にステップ台にのぼり、降りるときにステップ台をまたぐ。ストラドル(straddle)とは「両足を広げる」という意味。
オルトニー 片足をステップ台に置き、反対の足の膝を前に曲げる。台に置いている足の向きは斜めにすることがポイント。 エアロビクスの「ニーアップ」に近い動き。
オルトカール 片足をステップ台に置き、反対の足の膝を後ろに曲げる。腕も前後させると動きやすい。 エアロビクスの「レッグカール」に近い動き。
強度
ステップ台の高さで調整

実際にグループブラストを始める時は、まず一人一人に合わせてステップ台の高さを調整します。 高さを変えることで強度を調整できるので、運動不足の人でも参加できます。

スイートスポット

安全にトレーニングを行うために最も重要な足の置く場所のことを「スイートスポット」と呼びます。 スイートスポットに足裏をしっかり付けることをしっかり意識することが大切です。 動いているときに、足の位置が気になる方は、足元を見ながらステップを踏みましょう。

効果

グループ・ブラスト(Group Blast)は、脂肪燃焼の効果が高いです。体力や持久力のアップに役立ちます。やや複雑なステップの動きもあるので、脳の若返りや活性化にもつながります。

下半身痩せ

グループブラストは、ステップを踏むときに、脚の太ももやふくらはぎ、お尻などの主に下半身の筋肉が鍛えられます。 また、有酸素系エクササイズなので、体力アップや脂肪燃焼、心肺機能向上にも効果的です。

発汗作用

グループブラストは、ほぼノンストップで足を動かし続けるので、大量に汗をかきます。日頃のストレスを発散できます。

Have a blast!

グループブラストの合言葉は「Have a blast!」です。 「思いっきり楽しい時間を過ごしましょう!」という意味です。 使用する音楽は、最近ヒットした曲から、1980年代、90年代の懐かしい曲までそろっています。 ノリの良い音に合わせて体を動かすことで、楽しく運動できます。

レッスンは45分間または60分間

一回のレッスンの長さは通常、45分または60分間です。 毎回ウォーミングアップを行ってから、10曲くらいの曲がかかります。 曲にあわせて、インストラクターの指示でステップを踏みます。

店舗(グループブラストができる場所)

グループブラストは、アメリカの「MOSSA」(モッサ)が提供するプログラムです。 エクササイズの人気上昇に伴い、最近は導入店舗が増えています。 ダンベル運動「グループパワー」や、ダンス運動「グループグルーヴ」などの兄弟となります。

ルネサンスやメガロス

グループブラストは、全国のジムでレギュラープログラムとして採用されています。 独立系の「ルネサンス」、野村不動産系の「メガロス」、など、大手のジムの主な店舗でレッスンが毎週行われていま。

2017年12月の新曲(OCT 17)

グループセンタジーOCT17

<レッスンでの使用期間:2017年12月~>

予告編(Youtube)→

曲名 アーティスト ジャンル
「ザ・グレイテスト」
(The Greatest)

公式PV
シーア ft ケンドリック・ラマー
(Sia ft Kendrick Lamar)
フォーカス
「ヘイ」
(Hey)

公式PV
フェイス ft アフロジャック
(Fais ft Afrojack)
サルテーション(礼)
「イン・ザ・エンド」
(In The end)

公式PV
リンキン・パーク
(Linkin Park)
チャレンジ
「愛のデュエット」
(You're The One That I Want)

公式PV
アレックス&シエラ
(Alex&Sierra)
バランス
「ティファニーで朝食を」
(Breakfast at Tiffany's)

公式PV
ディープ・ブルー・サムシング
(Deep Blue Something)
コア・バック
「ギミー・ダット」
(Gimmie Dat)

公式PV
シアラ
(Ciara)
コア・フロント
「ファイヤー・アンド・レイン」
(Fire And Rain)

歌詞付き
バーディー
(Birdy)
ヒップ
「ピース」
(Peace)

公式PV
オブ・ア・レヴォリューション
(O.A.R.)
スパイラル(らせん)
「イフ・アイ・クッド・ターン・バック・タイム」
(If I Could Turn Back Time)

MV
ザ・サイド・プロジェクト
(The Side Project)
フォールド(折る)
「テレ・ベルト・グリーン」
(Terre Verte Green)
オックス・フロンティアーズ
(Aux Frontiers)
リストア(復元)
<ボーナストラック>
「ハンドクラップ」
(HandClap)

公式PV
フィッツ&ザ・タントラムズ
(Fitz&The Tantrums)
コア・バック
「ボス」
(BO$$)

公式PV
フィフス・ハーモニー
(Fifth Harmony)
コア・フロント
「ミドル」
(Middle)

公式PV
DJスネーク ft バイポーラ・サンシャイン
(DJ Snake ft Bipolar Sunshine)
オルト・サルテーション(礼)